スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< odawara-S house 敷地紹介 | main | odawara-S house 敷地紹介-2 >>

スペーシア 日本板硝子

2007年より設計を開始した okegawa-m house は、住宅でありながら外壁工事が一切ない特殊な建物です。ローコストでありながらとにかくシンプルに生活空間をコンセプトに時間をかけて設計を進めてきました。

通常ではガラスを使った開口部を少なくしていく事が、コストダウンにつながりますが、今回の場合は施主の職業がサッシュ屋さんという事もあり、ガラス工事や家具工事、木製建具工事についてはすべてご自分で制作出来るため、その他の工事をなるべく少なくする事の検討から始めました。

その為、建物の床は基礎を表したモルタル仕上げとし、外壁、内壁工事をすべてガラスで制作する事となりました。残った基礎工事・鉄骨工事・屋根工事・設備工事については分離することでローコストを実現させようと計画を進めています。

ここで問題になるのは、ガラスの箱ような建物内の温度環境と、シンプルでありながら洗練された空間の実現です。今回の okegawa-m house は外気に接した部分はガラスの外壁と屋根面しかないのでその二つの性能を上げ、夏は日よけ、冬は土壌蓄熱式床暖房を設置します。

ここで一番ポイントなのは、一番面積が多いガラスです。okegawa-m house日本板硝子のスペーシアという真空ガラスの採用を検討しています。スペーシアは一般のガラスの約4倍、ペアガラスの約2倍の断熱性能という特殊な高性能ガラスで、遮音にも優れているため今回の建物には欠かせません。メーカーの方がもしこのブログを読む機会がありましたら、是非この計画をバックアップして頂ければ幸いです。

前回の打ち合わせではガラスコーナーの納まり部や、ガラスとガラスの突きつけ部分のモックアップを制作して頂きました。施主に対してこのような依頼をしてしまい大変恐縮です。

あとはデザイン的な課題ですが、シンプルな空間に上質さを加えるために、モルタル仕上げの床に背もたれなしのソファー(B&B ITALIA)を置き、緑の芝生が見えるガラスに囲まれた浴室に、白いagapeの浴槽を配置する事により、洗練された家具の力でガラスやモルタルの安い素材のポテンシャルを最大限引き出そうと考えています。











| okegawa-m house | 09:09 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 09:09 | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM