スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 現場での打ち合わせ | main | 外壁の色 >>

takamatsu-K house進行状況

今日はtakamatsu-K houseの上棟後の進行状況を報告したいと思います。去る7月1日に確認検査機関による「中間検査」が行われました。約1時間に及ぶ細かいチェックが行われましたが結果は見事合格。写真はその日の現場状況です。



検査員が床を歩けるように屋根より先行して床の施工をして頂きました。もちろん雨に濡れる事が無いようにとても大きなシートが建物全体を覆っています。梅雨時期という事もあり雨対策は万全です。写真中央の大工さんが見入っているのは「施工図」という図面で我々が作図した図面を基に工務店が実際に施工する為に作図する図面です。

takamatsu-K houseはとてもシンプルな平面構成ですが、全てのラインが緻密な関係性を持っており、片方が1mm動けば全体が1mm動く、といったように水面下ではとてもシビアに調整を行っています。正直、施工サイドとしては「見た目以上に大変・・・」と感じていると思いますが、我々の意図をよく汲み取って頂き、根気強く対応してくれています。我々にとっても施工図のチェックは手を抜けない大事な作業で、施工打合せの後はヘトヘトになります。皆で電卓をたたく様はまるで会計作業をしているようです。

設計者のエゴ、と思われるかも知れませんが、そうして出来上がった空間は気持ちが良く力強い空間となります。そうした空間に身を置いた瞬間の快感は何にも変えられないものがあり、その瞬間の為に頑張っているようなものです。



工事関係者とのやりとりもFAXだけで分厚いファイル3冊目に突入しました。
| takamatsu-k house | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 08:00 | - | - |
Comment









Trackback
url: http://anot-design.jugem.jp/trackback/69

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--